FX為替相場情報局
-URL情報-

CEEK.JP経済ニュース [更新]
2022/1/24 2:57 - 米オミクロン感染状況、「正しい方向に向かっている」とファウチ氏 (Bloomberg.co.jp)
Anthony Fauci, director of the National Institute of Allergy and Infectious Diseases. Photographer: Bloomberg/Bloomberg 米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長は新型コロナウイルスについて、オミクロン変異株による記録的な感染者・入院者の増加が近くピークに達するとの楽観...
2022/1/24 2:55 - トヨタを生産性で世界一にした、大野耐一の「3つの目」とは? (ダイヤモンド・オンライン)
時代や環境変化の荒波を乗り越え、永続する強い会社を築くためには、どうすればいいのか? 会社を良くするのも、ダメにするのも、それは経営トップのあり方にかかっている――。 前著『戦略参謀の仕事』で経営トップへの登竜門として参謀役になることを説いた事業再生請負人が、初めて経営トップに向け...
2022/1/24 2:35 - なぜ「右肩上がり」だけにこだわる職場では、働く人たちの目が死んでいくのか (ダイヤモンド・オンライン)
『チームが自然に生まれ変わる』と『心理的安全性のつくりかた』それぞれの著者である李英俊さんと石井遼介さんによる対談シリーズの第2回。今回は『チームが自然に生まれ変わる』で繰り返し語られている「現状の外」「エフィカシー」「Want to」など、人・組織の行動を変えるうえで不可欠なキーワード...
2022/1/24 2:08 - 物言う株主ペルツ氏のトライアン、ユニリーバの株式取得−関係者 (Bloomberg.co.jp)
Unilever brand Dove body wash for sale at a store in Dobbs Ferry, New York. Photographer: Tiffany Hagler-Geard/Bloomberg アクティビスト(物言う株主)として知られるネルソン・ペルツ氏のヘッジファンド、米トライアン・ファンド・マネジメントが英・オランダ系食品・日用品メーカーのユニリ...
2022/1/24 2:01 - 雄山閣/上 信頼勝ち得た、編集姿勢 (毎日新聞)
<since 1916> 2000年11月5日。当時、学術出版の老舗・雄山閣のベテラン編集者だった宮島了誠さん(75)はいつも通り、東京都千代田区富士見の編集室に出社した。 「捏造(ねつぞう)?」。知り合いの研究者から電話を受けた彼は近くのJR飯田橋駅の売店に走り、毎日新聞朝刊を買った。「旧石器発掘ね...
2022/1/24 2:01 - 無農薬の日本酒、日米で パタゴニア プロビジョンズ (毎日新聞)
アウトドア衣料品メーカー「パタゴニア」(本社・米国)の食品事業「パタゴニア プロビジョンズ」が昨年12月、日本酒「自然酒 五人娘」を日米で発売した。 同社が手がける初の日本産商品で、千葉県神崎町の老舗酒蔵「寺田本家」と組んで醸造した。同蔵は農薬を使わず育てた地元の米を使い、蔵にすみ着...
2022/1/24 2:01 - 大倉 清瀧静男代表取締役 (毎日新聞)
住宅から街を元気に 住宅地の開発・分譲を手掛ける「大倉」(大阪市)は、あらゆる機器を通信でつなぐIoT(モノのインターネット)を活用したまちづくり「HESTA(ヘスタ)スマートシティ構想」を掲げ、住宅地のIoT化に取り組んでいる。その理由について、今年創業60年を迎える同社の清瀧静男代表取締役...
2022/1/24 2:01 - 設備充実ホテルで暮らす 帝国ホテル東京 (毎日新聞)
帝国ホテル東京(東京都千代田区)は、ホテルならではのサービスや設備を活用しながら客室で暮らせる「帝国ホテル サービスアパートメント」=写真はイメージ=を2月12日以降の入居から、タワー館の全客室(349室)に拡張する。 新規事業として昨年2月に発表し、販売初日に99室が完売。同5月に66室を追...
2022/1/24 2:01 - 珠玉包む幾重の光沢 人工真珠「いずみパール」 (日本経済新聞)
ミルク色をした液体の顔料に、直径1センチ未満の小さな玉を浸していく。木の枠に張られた糸に等間隔で並ぶ無数の玉。そこに職人の鋭いまなざしが注がれる。気泡は入っていないか、塗りむらはないか。注意深く観察しながら木の枠を引き揚げ、すぐさま乾燥棚へ。40度前後の温度でゆっくりと休ませ、さら...
2022/1/24 2:01 - 環境配慮素材のニューカラー ニューバランス (毎日新聞)
ニューバランスは14日、2021年秋に発売したシューズ「XC―72」の新カラー(ブラックとホワイト=写真)の販売を始めた。 新カラーでは地球の持続可能性のため、リサイクル素材など環境に配慮した素材をアッパーに50%以上、ソールユニットに一つ以上使っていることを示す「グリーンリーフ」アイコンを...
2022/1/24 2:01 - パンで結ぶ日本の食卓 カネカ食品 (毎日新聞)
新型コロナウイルス禍が長引くなか、業界を応援しようと「カネカ食品」(本社・東京)が専用サイト「ぱん結び」を開設し、各地の特色あるベーカリーを紹介している=写真は商品の例。 コッペパンで知られる盛岡市の「福田パン」、カレーパンが評判の岡山県倉敷市の「イーゲル」など地方の老舗から、天...
2022/1/24 2:01 - 「常磐もの」の特別ランチ 福島県観光交流局 (毎日新聞)
福島県観光交流局は14〜16日、首都圏情報発信拠点「日本橋ふくしま館MIDETTE」(東京都中央区)で「第1回冬のふくしま常磐ものフェア」を開催した。フェアは計3回実施し、第2回は2月4〜6日、第3回は同25〜27日を予定。各回初日は30食限定で特別ランチ(税込み1500円)を販売する。 黒潮と親潮がぶつか...
2022/1/24 2:00 - 量子技術導入に税優遇 政府戦略案、企業の初期投資軽く (日本経済新聞)
政府は量子技術を導入する企業を対象とした優遇税制を検討する。設備投資の費用に応じて法人税を控除する枠組みなどを想定する。安全性が高い量子暗号や次世代計算機である量子コンピューターの導入を促し、企業のセキュリティーや研究開発力を高める。日本は量子技術の実用化で米欧や中国に後れをとる...
2022/1/24 2:00 - 明光、技能実習生に日本語教育 動画など現地でも活用 (日本経済新聞)
明光ネットワークジャパンは海外人材支援のORJ(大阪市)と連携して、技能実習生や特定技能人材に向けた日本語教育サービスを提供する。実務で使う会話を中心としたコミュニケーションに特化して、日本語の初級者が安心して働けるようにする。新型コロナウイルスの収束が不透明な中でも、将来の入国再...
2022/1/24 2:00 - 日本製紙、「早く育つ木」を探求 脱炭素へ吸収量拡大 (日本経済新聞)
二酸化炭素(CO2)の吸収量が多い木をいかに増やすか。樹木が早く、しっかり育てば吸収増にとどまらず、住宅や製紙向け原料の質や採算性の向上にもつながる。日本製紙がブラジルの植林地で取り組む、DNA分析から優良な木を選ぶ手法が実用段階に入っている。国内でも早く育つ苗の量産を2025年から始める...
2022/1/24 2:00 - 日銀、再び円相場の波乱要素 くすぶる緩和縮小の思惑 (日本経済新聞)
日銀の挙動が金融市場を動かす材料として改めて浮上している。象徴的だったのが、1月の金融政策決定会合(通称MPM)が開かれた18日の外為市場の値動きだ。MPMの結果が公表されると、1ドル=114円台半ばだった円相場は1時間ほどでスルスルと115円台まで下落。その後、黒田東彦総裁の記者会見を経て午後6...
2022/1/24 2:00 - 東芝、分割後も共同研究 AIや生産ライン効率化など (日本経済新聞)
東芝はグループ全体を3社に分割後、人工知能(AI)や生産ラインの効率化など重複する重要分野では共同で研究開発を続けることを検討する。3月中に分割計画について株主の意向を確認する臨時株主総会を開く予定だが、一部の大株主からは反対の声が上がる。競争力を生み出す研究開発体制の行方は焦点だっ...
2022/1/24 2:00 - 新しい年です。あなたは何を学びたいですか? (日本経済新聞)
芳井社長の提示した「新しい年です。あなたは何を学びたいですか?」という課題に対し、多数の投稿をいただきました。紙面掲載分を含めて、当コーナーでその一部を紹介します。■言葉が持つ力佐々木 望(札幌国際大学人文学部3年、21歳)言葉が持つ力について学びたい。昨今、TwitterやInstagramなどの...
2022/1/24 2:00 - 受験生に贈る言葉 「東大だけが大学ではない」 (日本経済新聞)
大学入学共通テスト初日の1月15日に東京大学前で起きた事件は衝撃的でした。名古屋の進学校の高校2年生が受験生など3人に刃物で切りつけて逮捕されました。■事件に言葉を失うこれまでの報道では、この少年は、「医者になるために東大医学部を目指す」と宣言していたのに、1年前から成績が不振になり、...
2022/1/24 2:00 - 原油市場、強気に傾斜 インフレ進み株式から資金流入 (日本経済新聞)
原油相場は代表的な欧州のブレント原油先物(期近)が一時1バレル90ドルに迫り、米原油先物とともに2014年10月以来の水準を記録した。産油国の増産で高値は徐々に修正されるというのが今年の原油市場のメインシナリオのはずだが、年が明けてみると逆に「強気の買い」が優勢になっている。米エネルギー...
2022/1/24 2:00 - 旧Facebookのメタバースの行方、買収企業から読み解く (日本経済新聞)
旧フェイスブックはこのほど、デジタル世界を構築する方針を発表し、リアルな世界に衝撃を与えた。2021年10月には社名を「メタ」に変更し、メタバースは大きな話題になった。だが、同社は何年も前から、メタバース構築に向けたツールを淡々と集めてきた。日本経済新聞社は、スタートアップ企業やそれに...
2022/1/24 2:00 - 介護テック、現場を支える 人手・施設不足の懸念緩和 (日本経済新聞)
人口の多い「団塊の世代」が75歳以上の後期高齢者に到達し、介護ニーズの急増が想定される「2025年問題」まで残り3年を切った。人手不足や施設不足に対する懸念が高まるなか、新興勢などが事業者の業務効率化を急いでいる。介護記録を効率的に管理するクラウドシステムや、ウエアラブル端末を使った健...
2022/1/24 2:00 - キヤノン2割増益へ 今期最終、原材料高を自動化で吸収 (日本経済新聞)
キヤノンの業績が回復軌道に入る。2022年12月期の連結純利益が前期(会社予想ベース)に比べ、約2割増の2400億円前後になる見通しであることが分かった。新型コロナウイルス禍前の業績を回復し、2年連続の増収増益となる。在宅勤務が定着し、個人向けプリンターが伸びる。原材料価格が高騰するが、工場...
2022/1/24 2:00 - 「ホンダの街」埼玉・狭山で高まるトヨタ関連の存在感 (日本経済新聞)
「ホンダの街」ともいえた埼玉県狭山市でトヨタ自動車関連の存在感が高まっている。ホンダは県内で完成車生産を狭山市の工場で終えて寄居町と小川町の工場へ集約したが、近く市内の工業団地にトヨタ関連の部品大手が進出。地域活動でもトヨタ系への評価が高まる。市内の中小・中堅企業には独自技術を持...
2022/1/24 2:00 - TOTO社長「生産分散でBCP対応」 コロナで調達混乱 (日本経済新聞)
TOTOは2022年3月期の連結純利益を前期比39%増の375億円と見込むなど業績は堅調だ。ただ、新型コロナウイルス拡大による海外のロックダウン(都市封鎖)を契機に温水洗浄便座の供給が滞るなど、事業環境には不安も残る。コロナ禍の経営課題を乗り切りどう増益につなげるか、清田徳明社長に対応と展望を...
2022/1/24 2:00 - JR東日本、3D遠隔で点検 人材不足補う (日本経済新聞)
JR東日本がドローンを用いて工事現場を瞬時に3次元データ化する技術で業界の人手不足解消を目指している。インフラ設備の老朽化で点検などが必要な箇所が増加しているが、担い手不足が深刻だ。遠隔で現場を確認できればこうした課題を解決できる。SDGs(持続可能な開発目標)の「働きがいも経済成長も...
2022/1/24 0:00 - デザイン経営はいま、なぜ必要か - 日本企業の変革のための「デザイン経営」 (ハーバード・ビジネス・レビュー)
日本の大企業の多くが、成熟期を経て、次の成長を模索している。そのための企業変革が久しく求められつつも、実現できていない。パーパス(企業の存在意義)をテコにする施策が新たな指針となりそうだが、具体的な道筋は見えていない。そこで本稿では、現実的な変革策として、「デザイン経営」を提示し...
2022/1/24 0:00 - HBRの10の論考を通して時代のトレンドを読み解く - HBR.org翻訳マネジメント記事 (ハーバード・ビジネス・レビュー)
fotosipsak/Getty Images 仕事をよりよいものにするために何をすべきか。その答えを探求すべく、『ハーバード・ビジネス・レビュー』では日々、研究に裏付けられた論考を掲載している。2021年によく読まれた論考を見ると、いくつかの顕著なトレンドが浮き彫りになった。すなわち「大退職時代のマネジメ...
2022/1/24 0:00 - ESG戦略を構築するうえで企業が答えるべき10の質問 - HBR.org翻訳マネジメント記事 (ハーバード・ビジネス・レビュー)
Beatrix Boros/Stocksy 株主第一主義からステークホルダー資本主義への転換を実現するために、企業には自社のビジネスを通してESG(環境、社会、ガバナンス)を推進することが求められている。しかし、それを実践するのは容易ではなく、もし進め方を間違えると競争力を損なう可能性すらある。本稿では...
2022/1/23 23:27 - ウクライナで親ロ政権樹立を画策との英政府発表、ロシアは強く反発 (Bloomberg.co.jp)
ロシアはアザロフ元首相らウクライナ元政治家と接触−英国が指摘 バイデン氏は22日、米国が同盟各国と取り得る対応について協議 ロシア政府は23日、同国がウクライナ政府に親ロシア指導者を据えるべく画策しているという英政府の発表に強く反発した。一方で欧米は引き続き、ロシアがウクライナに侵攻す...
FX為替取引情報局 - 為替取引に関する情報はココにあります